Archives

now browsing by author

 

タイムレコーダーを企業で導入するメリットとは?!

出退勤時間を正確に把握できる?!

タイムレコーダーを導入していない企業では、手書きで日報を書いたり、タイムカードのデータを転記しているでしょう。しかし、従業員が多かったり、勤務時間が決まっていなく、バラバラだったりといった形態の場合、転記ミスや時間申告の不正などが起こってしまいます。タイムレコーダーを導入すれば、手書きの日報や、タイムカードのデータの転記などをする必要がなくなり、自動的に集約できるようになります。そのためミスのない出退勤の管理ができるのです。

時間外労働の計算が効率的に?!

職場によって、残業になってしまう日や、夜間や休日に仕事をしなければいけなくなることがあります。そういった場合、時間外労働や深夜労働手当や休日出勤手当などの計算が必要となります。この計算がしっかりされないと、賃金の不正払いなどと、しっかりと行われていないという大きな問題となってしまうでしょう。しかしタイムレコーダーがあれば、時間外労働の手当の計算を自動的に行うことができます。そのため的確な賃金を間違えなく支払うことができるのです。

労働法制改正に対応できる?!

時間外労働などの賃金に関しては、労働基準法などの法律にとても密接しています。重要な改正が行われた場合、正しい知識を取り入れ、賃金の計算方法などを改めなければいけなくなるでしょう。しかし、タイムレコーダーを導入していれば、労働基準法改正に基づいたシステムに変更した設定を簡単に行うことができます。そのため改正があり、理解が深められていない状態でも、すぐに賃金の計算方法が変わり、間違えた賃金の支払いなどが行われないのです。

タイムレコーダーとは企業や店舗などで従業員の勤怠管理をするために用いられるツールです。時計の機能とカードの打刻機能が付いており、従業員は出退勤の際に自分のカードにその時間を刻印するために使います。

誰でも気軽に始められる!?自営業の始め方について

自営業始めるならまずは事業計画を考える

自営業を始めるにあたってまず必要なのは、事業計画を考えることです。どんな業種で利益を上げていきたいのかを明確に考えれば無理なく自力で事業を展開していくことができます。もちろんいきあたりばったりで、とりあえず開業届を出すという選択肢もありますから、とにかく独立したいと考えている方は、まず自分が行おうとしている商売がどのような職種に分類するのかを調べて、可能ならば屋号も考えて開業届を出してみましょう。

自営業は開業届を出せば名乗ることはできる

税務署に開業届を出すことでとりあえずは自営業を名乗ることはできます。しかしながら虚業に陥ってしまい廃業になってしまうのは非常に勿体のないことですから、一年単位でどのようなことをやっていくのか考えていきましょう。物品を販売するのも、自分でサービスを提供するのも立派な事業の一つですから、それらをまず考えて、どんな分野ならば儲けを出していくことが出来るか考えましょう。自営業は起業するよりは格段と敷居が低くなっています。

初年度は税理士と相談しながら確定申告を

自営業を開業した初年度は税理士と相談しながら確定申告を行うようにしましょう。確定申告の際には、事業を行う上で費やした経費の記録と、売上などの帳簿が必要となります。経費というのも税務署で認めてくれる部分とそうでない部分があるので、不明な点がある場合にはお近くの税務署に問い合わせてみるか、あるいは顧問税理士に相談しましょう。税理士に確定申告を一任することで、難しい確定申告に時間を費やす必要がなくなります。

フランチャイズとは、ビジネスにおいて特権を与えるフランチャイザーと、その特権を受ける加盟店や加盟社であるフランチャイジーとの間に交わされる契約のしくみです。

適性検査の効果について

適正検査とはどういうものか

人を雇うときはどのような人物か知りたいものですが、面接の短い時間の間だけでは分からないことが多くあります。

そういう時に利用しやすいのが適正検査で、このような検査を実施している企業は多く存在します。

この検査では相手の性格の特徴やメンタルの強さや弱さを知り、それによって適正を判断することを目的にしています。

適正検査を利用すればどういう人物か分かりやすくなるため、この頃は多くの企業で使われている方法になっています。

適性検査の効果にはどのようなものがあるか

適性検査の効果としてあるのは人を雇う時の効率が良くなることで、そういう目的で利用する事は多くあります。

この検査では人物の精神的な特徴が分かりやすくなるので、簡単にどういう人なのかを知ることが可能になります。

そのため多くの人が応募してきたときに利用しやすく、応募者の数を減らす必要があるときに使いやすくなっています。

この検査は色々なタイプのものがありますから、自社にあったものを選べる点でも優れています。

このような検査の注意点

適正検査は非常に効果の高い検査方法であり、企業運営をする時に利用価値の高いものになっています。

しかしこの適性を調べる検査も万能ではなく、実はそれほど効果を得られない場合もあります。

なぜそのようなことが起こるのかというとこの検査方法は簡易的なものであり、本質的な問題までは調べることができないからです。

そのためそういう点については別の方法で調べるしかなく、面接などをする時に色々なチェックをする必要があります。

適性検査はまじめに答えないとデータを収集する意味がありませんので、適当にマークをしたりするのは止めておきましょう。

業務システムを理解して、システム開発に携わろう

業務システムとは何か?

IT業界では、業務システムは欠かせない存在となっています。銀行のATMが一番分かりやすい業務システムの例です。銀行のATMは、勘定系システムが稼働しており、簡単に金銭の取引を行うことができます。その他、業務システムは証券取引所や電車の券売機、コンビニエンスストアなど、広く利用されています。業務システムとは、あらゆる業務がシステム化され、機械が単独で業務を行ってくれることです。現代の社会基盤にもなっています。

業務システムの種類とは?

業務システムは、主に基幹システムと業務支援システムに分かれています。基幹システムとは、会計や人事管理、生産購買管理などといった管理を行っています。一方、業務支援システムとは、売上データなどを収集や分析、管理を行い、販売や営業・企画業務を支援してくれるシステムのことです。この業務システムにより、さまざまな場所で便利な機械が置かれるようになりました。また、現代の情報社会や高度なビジネスにおいてサポートしてくれます。

業務システムを開発している人たちとは?

業務システムを構築するために、さまざまな職種が連携して成り立っています。システムエンジニアは、システムの設計に関わる技術者です。ネットワークエンジニアとは、コンピューターネットワークの構築や運用に携わっています。サーバーエンジニアは、サーバーの構築や設定に関わっている職種になります。その他、プログラマーやデータベースエンジニアなど、さまざまなかたちで業務システムを完成させるための開発を行っている職種が存在しています。ぜひ、このような職種に関わってみたい方は、自分にあった分野の開発を志願しましょう。

notesのバージョンアップ方法では、最新バージョンのソフトウェアを手に入れるのが一般的といわれています。

引越をスムーズに行うために!上手な片付け方を身につけよう!

引越をすることが決まった時は

確実に引越をすることが決まったならば、計画的に物事を進めることが重要です。まずは、転居先に運ぶものと、捨てるものを区別することが大事です。不用品を処分すれば、トラックに積む荷物を減らすことができますので、引越の費用を抑えられます。また、日頃から片付け方を工夫する方法もおすすめです。片付けをしながら不用品を選り分けていれば、引越の荷造りがスムーズに行われます。不用品が溜まると処分が大変ですから、こまめに捨てましょう。

効率的に片付けを行うために

片付けの方法を工夫すると、引越の荷造りが楽になります。日常生活を過ごしながら、書籍や雑貨など、不用品を見かけた場合はこまめに処分することが大事です。もしも選別に迷った時は、専用の箱を設置しておくと便利です。処分してから航海しないためです。しばらくその箱の中に保管して、時間が過ぎてから判断するのはとても良い方法です。引越の日が近づいた時に、改めて箱の中をチェックして、処分すべきか、運搬すべきか決めることができますね。

出発する前に心がけておきたいこと

荷造りが完全に終わって、すべての荷物をトラックに積んだ後は、今まで住んでいた家もしくは部屋をチェックしましょう。庭の後始末や、水回りを掃除したところを細かく点検して、片付けがきれいに行われたことを確かめるためです。特に、賃貸だった場合は念入りに片付けをすべきです。また、忘れ物のチェックにも繋がりますから、丁寧にすみずみまで目を通しましょう。出発する前に確かめられたなら、すがすがしい気持ちで転居することができますね。

部屋の片付けの際には家具などの不用品の処分が面倒です。その際には不用品の回収を行っている業者に依頼することで簡単に処分することができます。

会社の生産性を向上!?経営者が検討する社員教育

様々な人間が会社にはいる

経営者にとって会社の生産性を上げる行為は利益に直結する場合もあり、検討するべき事の一つです。会社には様々な人間がおり考え方も様々なため、生産性を上げるための行為は必ずしも一つの対策で改善するとは限りません。会社に何を求めてきているのかを把握して、それに応える経営力が必要になってきます。それぞれが目的としている事はお金を稼ぐ事が基本としても、楽に稼ぎたいのか多少過酷でも出世したいのかなどで働き方が変わってくるでしょう。

それぞれが快適に仕事ができるように

それぞれの考え方によって教育方針ややる気の引き出し方を変えていく事も大切ですが、会社内の働く環境にもある程度の考慮が必要です。社員が快適に働ける環境を提供する事で仕事におけるストレスを減らし、より生産性を高める結果につながる場合もあるかもしれません。快適な環境とは社員を甘やかす事ではなく、仕事をする上で手間を減らせるようなシステムや精神的苦痛などを取り除く事であり、決して社員に媚びる事ではないと言えます。

意識改善のための社員教育

それぞれの考え方があったとしても、仕事における甘えや堕落が原因の場合もあるでしょう。この場合には楽して多くのお金を稼ぎたいと言った気持ちを持つ者もいないとは言えず、生産性を落とす要因の一つになるかもしれません。これらの意識改革においては内部の者では対処できない場合もあり、専門家に依頼して改善を試みてみるのも良いです。社員の意識改善においては外部の者であれば、会社内の者が団結する結果につながる場合もあると言えます。

ワークフローとは、企業における一連の業務手続の流れを図式化したものを言います。このように作業全体を可視化する事で、作業の進捗や問題点を把握する事が可能になります。

© 2019: Strategy Through