タイムレコーダーを企業で導入するメリットとは?!

出退勤時間を正確に把握できる?!

タイムレコーダーを導入していない企業では、手書きで日報を書いたり、タイムカードのデータを転記しているでしょう。しかし、従業員が多かったり、勤務時間が決まっていなく、バラバラだったりといった形態の場合、転記ミスや時間申告の不正などが起こってしまいます。タイムレコーダーを導入すれば、手書きの日報や、タイムカードのデータの転記などをする必要がなくなり、自動的に集約できるようになります。そのためミスのない出退勤の管理ができるのです。

時間外労働の計算が効率的に?!

職場によって、残業になってしまう日や、夜間や休日に仕事をしなければいけなくなることがあります。そういった場合、時間外労働や深夜労働手当や休日出勤手当などの計算が必要となります。この計算がしっかりされないと、賃金の不正払いなどと、しっかりと行われていないという大きな問題となってしまうでしょう。しかしタイムレコーダーがあれば、時間外労働の手当の計算を自動的に行うことができます。そのため的確な賃金を間違えなく支払うことができるのです。

労働法制改正に対応できる?!

時間外労働などの賃金に関しては、労働基準法などの法律にとても密接しています。重要な改正が行われた場合、正しい知識を取り入れ、賃金の計算方法などを改めなければいけなくなるでしょう。しかし、タイムレコーダーを導入していれば、労働基準法改正に基づいたシステムに変更した設定を簡単に行うことができます。そのため改正があり、理解が深められていない状態でも、すぐに賃金の計算方法が変わり、間違えた賃金の支払いなどが行われないのです。

タイムレコーダーとは企業や店舗などで従業員の勤怠管理をするために用いられるツールです。時計の機能とカードの打刻機能が付いており、従業員は出退勤の際に自分のカードにその時間を刻印するために使います。

© 2017: Strategy Through