誰でも気軽に始められる!?自営業の始め方について

自営業始めるならまずは事業計画を考える

自営業を始めるにあたってまず必要なのは、事業計画を考えることです。どんな業種で利益を上げていきたいのかを明確に考えれば無理なく自力で事業を展開していくことができます。もちろんいきあたりばったりで、とりあえず開業届を出すという選択肢もありますから、とにかく独立したいと考えている方は、まず自分が行おうとしている商売がどのような職種に分類するのかを調べて、可能ならば屋号も考えて開業届を出してみましょう。

自営業は開業届を出せば名乗ることはできる

税務署に開業届を出すことでとりあえずは自営業を名乗ることはできます。しかしながら虚業に陥ってしまい廃業になってしまうのは非常に勿体のないことですから、一年単位でどのようなことをやっていくのか考えていきましょう。物品を販売するのも、自分でサービスを提供するのも立派な事業の一つですから、それらをまず考えて、どんな分野ならば儲けを出していくことが出来るか考えましょう。自営業は起業するよりは格段と敷居が低くなっています。

初年度は税理士と相談しながら確定申告を

自営業を開業した初年度は税理士と相談しながら確定申告を行うようにしましょう。確定申告の際には、事業を行う上で費やした経費の記録と、売上などの帳簿が必要となります。経費というのも税務署で認めてくれる部分とそうでない部分があるので、不明な点がある場合にはお近くの税務署に問い合わせてみるか、あるいは顧問税理士に相談しましょう。税理士に確定申告を一任することで、難しい確定申告に時間を費やす必要がなくなります。

フランチャイズとは、ビジネスにおいて特権を与えるフランチャイザーと、その特権を受ける加盟店や加盟社であるフランチャイジーとの間に交わされる契約のしくみです。

© 2017: Strategy Through