起業の始め方として!その注意点について!

起業は登録は特に不要

業種にもよるのですが、基本的に起業というのは特に誰の断りも必要なわけではないです。ですから、そんなに気張る必要性はないでしょう。但し、法務局などに登録をしてからやろうとする人もいます。それはそれで会社組織化できるのでメリットはあります。但し、さすがにお金がかかりますし、まずは自営業者であればそこまでする必要性がないことのほうが多いです。しかし、税務署に関してはしっかりと届出を出して、開業したことを伝えましょう。

青色申告についてのこと

起業をするのであれば、基本的には青色申告をするのがお勧めできます。これは勝手にできるわけではなく、税務署に申告をすることを伝える必要があります。これこそが、まずは最初にやるべき事務手続きであるといえます。青色申告は手間はかかりますが、経費として計上できるようになりますし、青色申告控除がありますから上手く帳簿をつけるべきです。こうした方が控除される金額が多くなります。これは絶対にやるべき行為になります。

何で身を立てるのかを

基本的には自営業者は出来るだけ自分のスキルを生かすべきでしょう。そのスキルで身を立てるわけですが、これは常に研鑽をしていく必要があります。ですから、仕事をしつつ、スキルを高める必要がありますから、物凄く大変になります。それをよく理解して、独立、自営業となるべきでしょう。場合によっては、様々な時期に方向転換をしないといけないこともありますから、それは覚悟しておくべきです。それでも尚、独立したい人がやるのが自営業です。

フランチャイズとは、一定に条件で営業権を与えて、対価としてロイヤリティを受け取る契約形成である仕組みです。

© 2019: Strategy Through